ヨーロッパでの気長な旅をのんびり更新中。


by bobnotfat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

断水が終了して思うこと。

こんにちは、今日は家の中で待機している予定です。

夜中に残念なお知らせが届きました。
(みなさんにとっては、重要度は低いです。)

行きたがっていたコンサート(仙台公演)が中止になりました・・・。だよね。

さて、本題。
福島県郡山市、須賀川市あたりは岩手、宮城、福島県浜通りより震災の被害は少ないところです。
理由は、家屋の損壊が少なからずも全壊の人が少なく、ガス、電気が通っている個所が多いからです。被害が大きいのは、水ではないでしょうか。もちろん、電気と水両方使えなかった方もいますが電気の復旧は早いような感じがしました。

私の場合、断水になって
1日目ぐらいは水がなくてもやっていける。
2日目で不安を感じる。
3日目で限界を感じ始め動きを開始させる。

幸運にも私の家は水が利用できます。
しかし、それは偶然であり、須賀川市内の水道は復活していないようです。

お風呂に入りたいのはもちろんトイレに困る。
テレビでは食料毛布などの話題ばかり、断水に対して仮設トイレの設置までは話がいってない。
もちろん、被害状況が大きい地域は何よりも食べ物毛布なのかもしれない。

しかし、そろそろ第二段階に入ってもいいころなのではないでしょうか。

みんなガソリンがないことに恐怖を感じたり、食糧不足になることに不安を感じ食料品を買いあさったりしている。

今の私の家は、お湯が出るためには灯油が使われています。
この灯油がなくなれば、家のお湯も・・でなくなります。

テレビも不安を煽るようなことはやめて、いつになったら○○が復旧するとか、こうすることによって○○が復旧するという情報を流してほしいと願う。

では
[PR]
by bobnotfat | 2011-03-16 14:58 | 日記