ヨーロッパでの気長な旅をのんびり更新中。


by bobnotfat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ヨーロッパ(トルコ①)

こんにちは。

平日のお昼に更新できるのも今日が最後かもしれません。
来週からは、とうとうお仕事をすることになりました。
今日は朝から電話で起こされました。ひとつはso-net、もう一つはおばさんから電話があり・・・パワフルでした。

おうちのインターネットのスピードが遅いことと、父親が新しいパソコンを欲しがっていたのでこの際なので購入しました。その辺の電気屋さんでは、デスクトップの一体型がよく販売されているのですが、分離型?があまり品物がなく・・・・DELLで購入することにしました。合わせて、光回線の申し込みもしたので、今月中には、快適なインターネットになるのではないかなと。
しかし、須賀川は。。。うちの近所は、フレッツテレビはないらしい。

では、トルコ編初めて行きたいと思います。気長に見てやってください。

イスタンブールに到着しました。空港は、格安航空会社を利用すると、メインの大きい空港ではなく少し離れた空港でした。少し、不便です。
(プチ情報:だから茨城空港も安いのです。成田空港や羽田空港では格安チケットは販売されないでしょう。離れていてちょっと不便な土地だから格安にして人の集客をするというのが格安航空券の売りです。)

トルコでは、実は入国そうそう騙されていたのです。
入国審査が終了して外に出ました。空港が繁華街から遠いためバスで行かなければいけないのですが、

「市内に行く人は、こちらですよ~。」
て観光局みたいな人が案内してくれたのでそのまま移動したら、乗り合いタクシーで・・・・通常のバスの3倍の金額がかかった。結果的には、直接ホテルまで輸送してもらっているので時間短縮という意味ではベスト。お金麺だけがショックでした。通常のバスだったらホテルに行くまでにずいぶん時間がかかってしまったのではないかなと思います。空港の関係者が一般の業者のあっせんを平然としているなんて思わなかった。そして後から地球の歩き方を見たら・・・騙されないように注意しましょう!!!が――ん。

ということで、まずだまされたこと一つ目です。

まず、ってとこがいいでしょ?
これから延々と騙され続けますから私たち・・・

気を取り直して、スルタンアフメト・モスク
b0059152_13111717.jpg
へ行きました。

スルタンアフメイト・モスク(世界遺産)
スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)はトルコのイスタンブールを代表するモスクで、世界文化遺産であるイスタンブール歴史地域の歴史的建造物群のひとつ。

オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。世界で最も美しいモスクと評される。

世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる。

夏には音と光のショーも催され、幻想的にライトアップされた夜の姿も楽しむことができる。(wikipediaより)

到着日は、夕方だったため天気がすぐれずきれいに撮影ができていない。&一眼レフの撮影初心者のためうまく撮影ができていない・・・・ガックリ。

しかし、イギリスというヨーロッパらしい国から突然、、中東に来てしまった。
中東というのはイスラム圏の国で私が知っている知識では計り知れない程の場所であり何事も新鮮であった。
ヨーロッパ旅行に飽きた人、インドあたりに行ってみたいけど怖いなと思う人、アジアが好きな人、刺激が欲しい人、トルコはお勧めです。(現在の私の中で一押しの国です。)

イスタンブールだけの旅行であれば、中3日~4日で楽しめますよ。
[PR]
by bobnotfat | 2010-09-03 13:28 | ヨーロッパ